熊本のニュース一覧

高校の校舎がある施設に!旧南関高校を南関町役場として再利用(熊本)

2017年に閉校した旧・県立南関高校を町が再利用です。
旧南関高校は新しい南関町役場となり、4日から業務が始まりました。
庁舎の耐震不足や老朽化を理由に旧南関高校の校舎に引っ越しした南関町役場。
開庁式では佐藤 安彦町長が「町民の生活を守る施設、拠り所として気軽に親しみを持って集まれるような場所にしたい」と挨拶しました。
新たに増築された本館には町民が利用する福祉課や税務住民課、会計課などがあり、旧校舎には職員室を利用した教育課や音楽室を利用した町議会の議場などがあります。
教室を活用したまちづくり課では黒板が掲示板代わりに。
また、階段には当時の生徒が作ったステンドグラスがあるなど校舎の面影が残っています。
【まちづくり課(南関高校卒業) 西山 嘉行 係長】
「私が卒業して25年くらいたつのですが、まさかまた帰ってくるとは思わなかったです。3年間お世話になった学校で今からまた二十数年お世話になることになるので庁舎も大事にしながら南関町のために頑張れればと思います」
庁舎の外には防災公園も造られ、いざというときには町民の避難場所として使用できるということです。
新しい南関町役場の落成式は1月15日に行われる予定です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!