熊本のニュース一覧

大西市長が自宅の浴室で転倒 骨盤の一部を骨折 ライブ配信で訓示

熊本市ではライブ配信で仕事始め式が行われました。
当初は市役所での訓示をライブ配信する予定でしたが、大西市長は3日夜、自宅の浴室で転倒。
骨盤の一部を骨折し全治8週間と診断されたとして自宅からの訓示となりました。
その中で大西市長は今年開催される全国都市緑化くまもとフェアやアジア太平洋水サミットについて触れ「地震からの復興を全国に知らせる重要なポイントになる」と述べました。
そして、リモートで開いた記者会見ではことしの漢字一文字に『開』の字を掲げました。
【大西一史 熊本市長】
「多くの花々が開花し、春に向かって明るい前向きな気持ちになれるようにという願いを込めて開くという文字にした」
また今年12月に任期満了を迎える大西市長。3期目を目指すかの質問には。
【大西市長】
「現時点ではまだ述べるようなタイミングではないと思っているので、しかるべき時期にまたお伝えしたいと思っている」
そして残る任期では「中長期的な公共交通網の再編や利便性の向上にも力を入れていきたい」と語りました。
自宅での仕事始めとなった大西市長、職務代理者は置かず自宅療養を続けるとしていて、公務については当面、自宅からのリモートで行う方針です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!