熊本のニュース一覧

厳かな舞と鬼神との激しい攻防 1年の無病息災を願う山里の夜神楽【熊本】

菊池市北部の山間の集落に古くから伝わる正月行事『穴川夜神楽』が5日奉納されました。
ご利益があると言われる『御幣』をめぐり鬼神と見物人が激しい戦いを繰り広げました。
【保存会 緒方利博会長】
「年の初めという感じ、夜神楽がここでの正月」

菊池市の北部、大分との県境近くにある穴川地区。

およそ20世帯が暮らすこの山間の小さな集落に300年以上前から伝わる正月行事があります。
 『穴川夜神楽』です。
※菊池市無形民俗文化財

毎年1月5日に五穀豊穣や無病息災を願って地元の住民や集落の出身者でつくる
保存会のメンバーが集落内の神社で舞を奉納します。

5日夜、拝殿では紺の狩衣をまとった保存会のメンバーが9つの舞を奉納、まずはベテランの舞い手が榊と神楽鈴を持って厳かな舞を披露しました。

【榊の舞】

【舞を真似る子どもの姿】
【子どもインタビュー】
「大きくなったら僕もやらないといけないでの早くやりたい」

5年前に保存会に入った高校3年の緒方卓己さんをはじめ若手もベテランに負けじと舞を披露します。

【高校3年・緒方卓己さん】
「これから若い人がどんどん神楽を引っ張っていかないと神楽という伝統をこれから先続けていくには自分たちの力が必要だと思うので頑張っていきたい」

そして、最後の舞。

恐ろしい形相をした鬼神が姿を現すと夜神楽は最高潮に・・・。

鬼神が手にした竹の先につけられた『御幣』には無病息災のご利益があると言われていて、それを手に入れようとする見物人との間で激しい戦いが繰り広げられます。
【激しい攻防の様子】
※『御幣』がなくなると終了

【御幣を手に入れた人】
「取れてよかったです」「去年がコロナで大変だったんで今年はいい年になればいいなと思っています」「怖かった」「楽しい1年にしたいです」

厳かな舞と鬼神との激しい攻防で1年の無病息災を願う山里の夜神楽。
これからも里人の手で守り継がれていきます。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!