熊本のニュース一覧

人吉市と地元の高校生が共同で企画『ぎゃんとこ人吉ch』

人吉市と地元の高校生が共同で企画しました。
おととし7月の豪雨で被災した人吉の観光復興などをテーマにした動画が制作され、動画投稿サイトYouTubeで配信されています。

YouTubeで配信されているのは『ぎゃんとこ人吉ch』。

災害の経験を伝え、被災地への思いを風化させまいと県立人吉高校の生徒と人吉市が共同で制作しました。
取材や撮影は人吉高校の1・2年生12人が担当。人吉市は取材の交渉などを行いました。

この日は人吉市にある仮設商店街『モゾカタウンひとよし駅前』で生徒たちが「食リポ」やインタビューに挑戦。
【高校生】
「バナナの香りがしてなめらか。おいしい」

テーマは「復興に向かう店や人、風景などを紹介して人吉の今を知ってもらい観光で来てもらうこと」。
そして「支援ボランティアがどうやってできるかを伝え、次の災害時の支援活動に
つなげること」です。

【高校生インタビュー】
「初めてやるのでちょっと不安もあったけど楽しみながら出来ました」
【人吉市 川内 亮 情報政策係長】
「動画を見て人吉に観光に来てもらったり、これからのボランティアについて考えてくれる人が増えればいい」

制作活動は2月末まで行い、ひと月に2本ずつ動画を投稿する予定です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!