熊本のニュース一覧

熊大 池田准教授に聞く オミクロン株とは

県内でも感染が確認されたオミクロン株。
専門家に話を聞きました。
感染力や重症化のリスク、そしてどのような対策が必要なのでしょうか。
【熊本大学 ヒトレトロウイルス学共同研究センター 池田 輝政 准教授】
「デルタ株とくらべると重症化、病原性は低くなっているんじゃないかというデータは出ている」
こう話すのは、熊本大学でウイルスの研究を行っている池田 輝政 准教授です。
オミクロン株は、デルタ株に比べ重症化リスクが低い可能性を指摘。
気になる感染力については
【熊本大学 ヒトレトロウイルス学共同研究センター 池田 輝政 准教授】
「人から人へのうつりやすさ、伝播性といわれるが、それは上がっている、うつりやすくなっているとは言われている」
そして気になるワクチンの効果については
【熊本大学 ヒトレトロウイルス学共同研究センター 池田 輝政 准教授】
「実際に3回目を打つと防御効果は上がる。ウイルスの感染をブロックできる効果というのは細胞レベルであれば、効果がみられる」
イギリスとの共同研究ではオミクロン株の場合、2回の接種だけではウイルスの染を抑制する効果が低く、3回目の接種を行うことで大きく効果が出たということです。
【熊本大学 ヒトレトロウイルス学共同研究センター 池田 輝政 准教授】
「ワクチン接種であったり、(海外では)最近経口の治療薬も承認されたりしているので、そういうのでいかに抑えていくかということ」

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!