熊本のニュース一覧

新成人が生まれた20年前 どんなことがあった?【熊本】

今年、熊本県内では1万7504人が大人の仲間入りをしました。
新成人が生まれた20年前はどんな出来事があったのか振り返ります。
ことしの新成人が生まれた2001年4月2日からの1年は21世紀に突入し、新しい時代のスタート、そして変革を感じさせる1年でした。

4月には『構造改革』を打ち出した第1次小泉内閣が誕生しました。

それまでの政治への不信感から一転し、当時のTKUの世論調査でも小泉内閣の支持率は75パーセントと高いものでした。

【国が全面敗訴 控訴断念 ハンセン病国賠訴訟 隔離政策は人権侵害】

9月にはアメリカで起きた同時多発テロは全世界を震撼させました。

熊本県内でも関係者の安否確認や空港などのテロ対策に追われました。

【狂牛病(BSE)問題 国内で感染牛確認 風評被害も】

【昭和初期に絶滅 天草大王が復活 今や名物 熊本の地鶏】

熊本で開かれた21世紀最初の全国高校総体。

開会式には当時、皇太子だった天皇陛下も出席されました。

また21世紀という新しい時代のスタートに合わせて、多くの施設が開業したのもこのときでした。

【USJ開業初年度来場者1100万人超】

【東京ディズニーシー開業 ランドとシーで2200万人超】

熊本では、鶴屋百貨店が開業50年に合わせて東館をオープン。

俳優の斉藤慶子さんが一日店長を務め、多くの人でにぎわいました。

九州に展開していたスーパーの寿屋が業績悪化による民事再生法の適用を申請したのもこのときでした。
イオンなどが店舗や従業員を引き継ぎ、寿屋は不動産業のカリーノに変わりました。

2001年を表す漢字は『戦』でした。

新しい時代の始まり、そして大きな変革のときに生まれた今年の新成人ならば、これからの困難にも立ち向かっていけるはずです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!