熊本のニュース一覧

熊本県内 新型コロナ過去2番目に多い296人 キャバクラなど4件のクラスター

新型コロナウイルス、熊本県内では13日新たに296人の感染が確認されました。
1日の新規感染者数としては、去年8月20日の317人に次ぐ過去2番目に多い人数となりました。
13日、新たに感染が確認されたのは、熊本市で過去最多となる179人、八代市で21人、菊陽町で9人などあわせて296人です。
年代別で見ると、20代が最も多く、次いで40代、10代となっています。
年明け3日から感染者が確認された県内では感染が急拡大していて、13日の新規感染者数はこれまでで最も多かった去年8月20日の317人に次ぐ過去2番目の多さとなりました。
直近1週間の感染者の合計は808人で、その前の週の約27倍となっています。
県内の感染確認は1万5000人を超え合わせて1万5234人
また、新たに教育機関や医療機関、それに飲食店など4件のクラスターの発生が確認されました。
熊本大学では課外活動を行った学生5人、熊本市南区のスイミングスクールでは職員と利用者あわせて6人、さらに国立病院機構 熊本医療センターで職員と患者あわせて5人の感染が確認されています。
また、中央区下通のキャバクラ『ヴィラ クマモト』では従業員6人の感染が確認されていて、
熊本市は1月3日から9日までにこの店を利用した人で不安がある方は、専用の窓口に相談するよう呼びかけています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!