熊本のニュース一覧

新規感染者の推定感染経路(熊本)

こちらは熊本県が、12日明らかにした新規感染者の推定感染経路です。
【フリップ】
1月6日から11日までの県内の新規感染者は360人で、このうち、145人は
「感染経路が特定できない」または「調査中」。
「推定される感染経路あり」は215人となっています。
215人のうち、「飲食店や会食」での感染が最も多く76人で、このうち22人は熊本市の飲食店でのクラスター、8人が人吉保健所管内での会食クラスターです。
このほか「家族・親族」での感染が58人。「県外」での感染が25人です。
学校など「教育・保育」関係は18人でこのうち13人は熊本市の中学校のクラスターとなっています。
内訳では「飲食店や会食」での感染が最も多いものの、感染経路は多様化しています。
そして、こちらは新規感染者のワクチン接種状況と年代別の内訳です。
【フリップ】
未接種の人の割合は22%で2回接種した人は68%。
3回接種した人でも2人が感染しています。
年代別では10代と20代が全体のおよそ7割を占めていて熊本県では「年末年始の若者の人流が多かったのではないか」と分析しています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!