熊本のニュース一覧

熊本県飲食店での新たな対策を発表【熊本】

熊本県は先ほど「飲食店での感染防止対策を強化する」と発表しました。
【木村副知事】
「飲食店での人数制限について踏み込ませていただきたい」
熊本県は、会食によるクラスターの発生を防ぐため来週17日・月曜日から飲食店を利用する場合は同居家族などを除き同一グループ、同一テーブルでの会食は4人以内とするよう要請。
ただし、県の認証店についてはワクチン接種証明書や陰性証明書を使った『ワクチン・検査パッケージ制度』を利用すれば、5人以上の会食を可能とします。
1月11日時点で認証店の数は、県内の飲食店のおよそ8割にあたる6400店余りで、熊本県は「会食は認証店を利用し、5人以上の場合にはワクチン接種証明書などの提示に協力してほしい」としています。
【木村副知事】
「頑張っている認証店について正当に評価していく、認証店への対応をしっかりしていこうということ」
木村副知事は経済団体などからの要望を踏まえ、今後、認証店に対する時短協力金について非認証店への協力金の金額を下げる形で差をつける考えを示しました。
【木村副知事】
「極めて爆発的に近い感染拡大が起きていることは認識しておりますので、まん延防止等重点措置の要請に向けては急を要する状況になっている」
また、木村副知事は「まん延防止」の要請について今週末の感染状況を見極めたうえで九州の各県とも協議し「週明けにも判断することになる」と述べました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!