熊本のニュース一覧

弁護士の男が業務上横領の疑いで逮捕 1日に多い日で数百万円を競馬に

逮捕された弁護士は、1日に多い日で数百万円を競馬に使っていたということです。
遺産整理の代理人の立場を利用し預り金2300万円余りを私的流用したとして
弁護士の男が業務上横領の疑いで逮捕されました。

業務上横領の疑いで逮捕されたのは本籍熊本市の弁護士、平田 秀規 容疑者です。

警察によりますと、平田容疑者は去年11月、被害者の夫婦から依頼された遺産整理の代理人の立場を利用し、管理していた相続財産およそ2370万円を横領した疑いです。

被害者夫婦は、去年10月に亡くなった女性からの相続財産およそ5000万円の整理を平田容疑者に依頼。

平田容疑者は当初「12月末には渡せる」と話していたということですが、今年の2月に連絡がつかなくなり、警察に相談したことで事件が発覚しました。

その後の捜査で、平田容疑者が預り金の口座から自分名義の口座へ送金していたことを確認。

福岡市内のホテルにいた平田容疑者を発見し27日、逮捕しました。

調べに対し平田容疑者は容疑を認めていて、「競馬にのめり込んでいた」と話し1日に多い日で数百万円を競馬に使っていたということです。

警察は夫婦から受け取った残りの預り金についても横領したとみて調べを進めるほか、余罪があるとみて捜査を進める方針です。

また、県弁護士会によりますと、平田容疑者の私的流用による被害はこれまでに11件、2億4000万円を超えるとみられています。

今回の逮捕を受けて熊本県弁護士会の福岡 聰一郎 会長は「弁護士に対する信頼を著しく損なう重大な問題といえ極めて遺憾」とコメントしています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!