熊本のニュース一覧

熊本市動植物園でペンギンの飼育員体験

初めて近くで見るペンギンの姿に、子どもたちは興味津々でした。
熊本市動植物園で29日、小学生がペンギンの飼育員を体験、掃除やエサやりを行いました。
【仲野香穂リポート】
「さあ始まりました、熊本市動植物園の飼育員体験。子どもたちが掃除をする様子をペンギンたちが見守っています」
熊本市動植物園で夏休みに合わせて開催される飼育員体験に、29日は小学1年生から6年生までの5人が参加しました。
強い日差しが降り注ぐ中、日陰で休むフンボルトペンギン20羽のためにデッキブラシを使って一生懸命プールの床を磨きます。
【ペンギンの鳴き声】
「あ、ペンギンが鳴いた」
休憩時間も、大好きなペンギンに興味津々で近づいてみる子もいました。
(近くで見てどうだった?)
【子ども】
「かわいい。楽しい」
そして飼育員がアジを持ってくると…。
【飼育員】
「こちらアジになりま~す」(ペンギンが魚に群がる)
【子ども】
「もう食べてるよ!」
朝ご飯を食べていなかったペンギンのあまりの食欲に、あっけにとられる子どもたち。
このあと怖がりながらも、しっかり自分の手で魚をあげました。
【子ども】
「食べるのが思ったよりも速くてびっくりしました。泳いでいるイメージだったけど陸の上では移動が速くて新しい発見があったなと思いました」
飼育員体験の募集は終了していますが、熊本市動植物園では夏休み期間中午後9時まで開園する日もあり夜の動物たちの姿も楽しめるということです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!