熊本のニュース一覧

先生は伝統工芸師!オリジナルキャラクターの人形作り

地元の特産品ナスをイメージした、学校オリジナルのキャラクターをものづくりのプロから学び制作しようという取り組みが、熊本市の飽田南小学校で進められています。
人形制作の先生を務めるのは『おばけの金太』の制作者、厚賀人形店 10代目の厚賀 新八郎さんです。
人形制作には、6年生39人が挑戦していて、この日は大きさの違う円形状のダンボールを何層も重ねていき、ナスのなだらかな形を出していきました。
制作は秋ごろまでを予定していて、地元の人が見ることができるよう展示も考えているということです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!