熊本のニュース一覧

新型コロナ 熊本県内の病床使用率 最高68.5%

熊本県は、新型コロナの県内リスクレベルの指標となる最大確保病床使用率が過去最高の68.5パーセントに達したと3日、発表しました。

熊本県によりますと県全体の最大確保病床使用率は前日を2.3ポイント上回り68.5パーセントとなり、過去最高となりました。

これまでの最高は、ことし2月6日の67.5パーセントで今回は1.0ポイント上回り、医療提供体制のひっ迫が続いています。

一方、熊本県内では3日、新たに過去最多の4414人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは熊本市で2305人、八代市で291人、山鹿市で149人、合志市で140人などとなっています。

また、クラスターも15件発生し90代の男女4人の死亡が発表されました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!