熊本のニュース一覧

ウクライナからの避難民の家族を玉東町で受け入れ

家族単位での避難民の受け入れは 県内で初めてです。
ロシアからの軍事侵攻に伴うウクライナからの避難民の家族を玉東町で受け入れることになりました。

ウクライナからの避難民の受け入れは玉東町と玉名市のNPO法人が実施するものです。

今回、受け入れるのは両親と10代の子供2人と3歳未満の子ども1人の合わせて5人家族です。家族単位で受け入れを行うのは県内で初めてです。

玉東町によりますと、避難民を受け入れようとつくられたホームページから応募した家族とオンラインでヒアリングを行い今回の受け入れが決定しました。
家族は一時避難先のポーランドを出発し、成田空港経由で8月7日に福岡空港に到着する予定です。

その後、玉東町の町営住宅に入居するということです。

【認定NPO法人れんげ国際ボランティア会本田 佳織さん】
「避難民が到着したあとは日本語教育とか就学、ウクライナ避難民の方たちが地元の小学校とか就労につなげられるようにも取り組みを行っていく予定です」

玉東町には現在、他にも応募が来ていて、町では今後も避難民の受け入れを進めていきたいとしています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!