熊本のニュース一覧

八代地方の初夏の風物詩イグサの刈り取り作業が最盛期【熊本】

八代地方の初夏の風物詩イグサの刈り取り作業が最盛期を迎えています。

八代市鼠蔵町でイグサを栽培している農家の江嶋 久 さんです。

今シーズンの収穫は6月28日からスタート。

江嶋さんは日の出前から父の豊さん、息子の奎人さんの親子3代で1メートル50センチほどに成長したイグサを専用の機械を使って刈り取っています。

江嶋さんによりますと今年は成長期の5月から6月にかけて雨が少なく生育が心配されましたが梅雨入りしてから生育がすすみ品質の良いイグサに仕上がっているということです。

八代地方のイグサの刈り取り作業は7月下旬ごろまで続くということです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!