熊本のニュース一覧

全国交通系ICカード廃止をめぐり市民団体などが熊本市に白紙撤回要望

県内のバスや熊本電鉄電車、熊本市電における全国交通系ICカードの廃止をめぐり、市民団体などが熊本市に要望です。

要望書では、全国交通系ICカードの廃止を白紙撤回して、オープンな場で協議し直してほしいなどとしています。

熊本県内のバスと熊本電鉄電車の事業者は機器の更新費用が高額なため全国交通系ICカードを今年度中に廃止する方針を示していて、1年遅れて更新時期を迎える熊本市電について熊本市は状況を見て判断するとしています。

これを受け、労働組合などで作る市民団体『国民の足を守る熊本県民会議』はきょう、熊本市に要望書を提出しました。

要望書では「廃止の方針を白紙撤回し、県や市、事業者、利用者も含めたオープンな話し合いをするための新たな協議の場を設けてほしい。国や県にシステムの更新費用の助成を求めてほしい」などとしています。

【国民の足を守る熊本県民会議 坂本 正 会長】
「今までの経緯を説明して議論をやり直すべきだ。(全国交通系ICカードの廃止を)撤回して白紙に戻してどうするかという議論をするべき」

また、NPO法人『くまもとLRT市民研究会』も市に要望書を提出。

市が定める公共交通基本条例を遵守し、廃止の是非を熊本市公共交通協議会で話し合うことなどを求めています。

受け取った深水副市長は「国や県と協議しながら市民が安心して使える公共交通であるよう真摯に対応したい」と話しました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!