ベッキーと未知との対話
ベッキーと未知との対話
SHARE


「一番自由なのは絵を描いてる時です。圧倒的に」そう語るベッキーさんは、タレント業と並行して個展を開くなど、アート活動も精力的に行っています。ベッキーさんを中心に、この日初めて顔を合わせる6人が、1泊2日で1枚の巨大な絵を描き上げます。

参加者は、大学生で演劇を主宰する視覚障害者の関場理生さん。大学で手話講師を務める聴覚障害者のかえでさん。3年前に歯肉がんを患った80歳の原田泉さん。アメリカで生まれ、現在は日本の大学で英語を教えているディラノさん。車椅子ジャーナリストとしてマイノリティの取材を続ける徳永啓太さん。年齢も性別も出身もバラバラの6人は、手話や筆談も含めて、互いの手を取り合いながら対話の方法を見つけていきます。

制限時間は20時間。自己紹介から、描きたいテーマを議論し、キャンバスにイメージを描き、同じ食卓を囲み、朝を迎えても続く作業。台本も筋書きもない撮影の中で、答えのないアートと向き合います。障害との向き合い方、年齢を重ねる意味、結婚にまつわる話もしながら、6人はそれぞれに心を開き、ベッキーさんも、アートとの出会い、ハーフであることで心のない言葉を投げ掛けられた過去など、自身のことも包み隠さずに話します。

この番組は、1枚の絵が完成するまでの記録であり、価値観が混ざりゆくダイバーシティの時代に生きる参加者たちを通して、「未知との対話」の可能性を模索していくドキュメンタリーです。

出演:ベッキー 関場理生 かえで 原田泉 カネギターマンフレッドディラノ 徳永啓太
ナレーター:堀潤

特設サイトはこちらからご覧ください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!