てれくまくん「医療情報室」
てれくまくん医療情報室 私たちの生活に欠かすことのできない医療

「感染性胃腸炎」(2)

感染性胃腸炎について
大人の場合は、子どもに多い接触感染の他に、生ガキの生食によっての感染が特徴的かもしれません。ノロウイルスについて言いますと、数日で軽快することが多いので、しっかり水分を取って脱水にならないようにすることが重要です。
ただ、高齢者の場合は脱水になりやすいので、嘔吐や下痢が続くときは早めに医療機関を受診して、点滴などの処置を受けることが大事です。

また、感染力が強いので、日常生活の中で手洗い・うがいを入念にすることが一番ですが、消毒としては次亜塩素酸の使用が勧められますが、手に入りにくいので、家庭にある台所やトイレ用の塩素系漂白剤を薄めて、床の掃除をするなどが家庭でできる対策かなと思います。
下痢や吐物で汚れた衣服については、理想は廃棄するのが一番良いですが、ノロウイルスは加熱処理によって不活化することができますので、熱湯にしばらくつけておくことは、感染を広げない対策としては有効な方法かなと思います。

感染性胃腸炎は、適切な対応をすれば決して怖い病気ではないので、疑わしいなと思ったら我慢せずに早めにかかりつけ医に受診することが大切です。 

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!