てれくま医療情報室
てれくまくん医療情報室 私たちの生活に欠かすことのできない医療

「学校薬剤師の役割」について

薬剤師といえば、病院や薬局で薬に関係する仕事をしているというイメージが浮かびますが、学校にも薬剤師がいることはご存じでしょうか?
大学を除く学校や認定こども園などには、法律で薬剤師を置くことが義務付けられており、これを学校薬剤師といいます。
今回は、この学校薬剤師が学校で何をしているのかをお話します。

まず一つ目は、子供たちが快適な環境の中で学校生活が送れるように、いろいろな検査を行っています。例えば、プールや水道の水質検査、教室の明るさや換気の状態の確認、ダニや化学物質などのアレルギー物質の量の測定を行います。その結果をもとに校内が適切な衛生状態を保てるよう、学校の先生方と一緒に管理を行っています。

二つ目は薬に関する教育です。国が定めた教育方針に、「医薬品の正しい使い方」の学習というものが含まれており、学校薬剤師が薬について必要な教育を行います。例えば、薬は誤った使い方をすれば体に害を及ぼすこともあり、学校薬剤師は学校と連携して、子供たちが薬について正しく理解するよう授業を行います。また、心身の成長期における飲酒・喫煙や、違法薬物の使用が、子供たちの健全な成長を妨げないよう、その危険性についてもお話しています。

このように、学校薬剤師は学校医や学校歯科医と共に、子供たちが健康な心や身体を育んでいくためのお手伝いをしています。
熊本県薬剤師会は、薬剤師の学校薬剤師活動を応援しています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!