てれくま医療情報室
てれくまくん医療情報室 私たちの生活に欠かすことのできない医療

花粉症(耳鼻科)

花粉症は、花粉によって生じるアレルギー疾患で、くしゃみ、鼻水、鼻づまり等の鼻症状や目のかゆみなどの眼症状を生じます。わが国では、人口のおおよそ4人に1人がスギ花粉症であると言われています。

日本気象協会の予測では、今年のスギ花粉の飛散量は、昨年よりはやや多いが、例年比では非常に少ないと予測されています。

スギ花粉症は、スギ花粉症の原因物質が鼻に入り、様々な細胞の作用をへてIgE抗体が産生されます。この「抗体」が花粉症の原因物質にくっつくと、ヒスタミンなどの物質を放出され、くしゃみや鼻汁、鼻づまりを生じさせます。

花粉症の治療としては、花粉の飛散開始前から治療薬を飲み始める初期治療、症状出現後に行う対症療法、花粉症を根本的に治すための根治治療があります。
毎年花粉症の症状が出る人は、初期治療を受けることがすすめられます。
対症療法に用いる治療薬も様々なものがあり、症状、そしてその症状の強さにより、どの薬を使うか決定します。昨年、重症スギ花粉症の方に対する治療として、抗IgE抗体製剤という注射剤が使用できるようになり、治療の選択肢がさらに広がりました。

昨年、スギ花粉症でつらい症状を経験された方は、今年は症状の出現前に治療開始をお勧めします。
従来より、風邪の初期症状は、花粉症の症状と似ていることが知られており、自覚症状のみで両者を見分けることはできないこともあります。今年はさらに、新型コロナウイルス感染による症状の可能性も考慮する必要があり、花粉症を疑う症状が出たら、早めに専門医を受診し、まずは適切な検査、診断、そして治療をうけることが大切です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!