てれくま医療情報室
てれくまくん医療情報室 私たちの生活に欠かすことのできない医療

子宮頸がんワクチン

ワクチンの副反応で深刻なものが起こるのではないかと、一時積極的な接種がストップされていたのですが、その後日本でも大規模なデータを解析して、安全性も大丈夫であろうと国も確認して、この4月から接種を積極的にしましょうとなっています。

子宮頸がんは、特に若い女性に非常に増えて恐れられていますが、ワクチンを接種することで約7割の予防効果があると言われています。

接種後にもし副反応が出てお困りの場合は、まずは接種を受けた医師に相談してください。
それから熊本の場合は、熊本大学病院(婦人科)が窓口となって対応して、そして各診療科につなぐようになっています。

産婦人科医としては、世界中で接種が行われており、しかも子宮頸がんを予防することができる可能性があるワクチンがあることをまずは知っていただきたい。

その上で、ご家庭でメリット、デメリットを、きちんとした情報提供を行っている熊本県や厚生労働省のホームページにアクセスして、正しい情報をまずは入手するとことから始めていただければと思います。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!