床暖房から考える“一生もの”の家づくり
温水床暖房 FHS presents

床暖房から考える”一生もの”の家づくり

毎月第1土曜日 午前10時30分放送
リポーター : 丸井純子

第6回

高気密住宅の普及・高齢社会の到来により、「温水床暖房」の需要は年々増えています。子育て中であっても、ペットがいても、高齢になっても、変化するライフステージを支える価値ある住宅設備、それが温水床暖房です。西区小島にある『(株)リボンガス』は、この「温水床暖房FHS(フロアヒーティングシステム)」を全国に普及し、安心・安全・快適な住環境を皆様にお届けすることを目指している会社です。この番組では、床暖房から考える“一生もの”の家づくりについて、わかりやすい紹介していきます。

今回お邪魔したのは、「クラシオ株式会社」(熊本市東区)

リポーター・丸井純子さん代表、いよいよ床暖房が大活躍のシーズンがやってきましたね!

内海久俊代表:まさに冬本番という感じですよね!今日で気温が11度です。本当に寒いですよね~。

丸井さんさて、今日はどちらに?

内海久俊代表:こちらですが、1階が駐車場になっていますよね。こういう所がいちばん寒いんですよね。ですから、温水床暖房を設置していただきました。その様子を早速見に行きましょう!

丸井さん今回お邪魔したのは、「クラシオ株式会社」(熊本市東区)。害虫駆除など、快適に暮らせるための家のメンテナンスを行う会社です。今年、温水床暖房を設置されました。いや~、暖かいですね、ビックリしました!

内海久俊代表:暖かいでしょう!1階が柱だけの建物(ピロティ)は、2階は下からの寒気が当たって寒くなりやすいんです。今回は打ち合わせスペースに温水床暖房が設置してあります。「ペルゴフロア」と呼ばれる床材を設置していますが、自然な木目柄でありながら、傷や衝撃に強く、オフィスなど土足で利用する空間にピッタリなんです。設置がとても簡単なのに、しっかり強度があるんですよね。

丸井さん瀬倉社長、実際に設置されていかがですか?

瀬倉社長(クラシオ):非常にいいですね!足元からやんわり日向ぼっこしているような暖かさがありますので、長居していただくスペースには持ってこいですよね。

丸井さん実際にどれくらい温度って違うんでしょう?

瀬倉社長(クラシオ):「サーモカメラ」で実際に見てみましょう。

丸井さんわぁ、全然違うんですね!!

瀬倉社長(クラシオ):全く違いますよね。「芯から暖かい」という表現が一番相応しいかもしれません。

内海久俊代表:是非多くの方に知っていただきたいですよね。 部屋の7割に敷くと主暖房になりますし、温水なので、低温やけどの心配もありません。 マンションやオフィスなど様々な場所に設置が可能で、ランニングコストが安くすみます。是非お気軽にお問い合わせください。

information

今回お邪魔したのは…
クラシオ株式会社
熊本市東区健軍4-13-22

お問い合わせ
床暖房専門ショールーム「Rism(アールイズム)」
熊本市西区小島5-16-26
(問)0120-737-446


リポーターの丸井純子さんと内海久俊代表


このように1階が柱だけの建物が一番寒さが厳しくなるそう


今回温水床暖房を設置した「クラシオ」の瀬倉社長


打ち合わせスペースに設置。足元から日向ぼっこをしている感覚に


「サーモカメラ」で比べると、室内であっても外との温度差は歴然!


設置が簡単な「ペルゴフロア」は強度があり、傷がつきにくい

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!