FNSチャリティー
FNSチャリティキャンペーン
FNSチャリティキャンペーン
モザンビークは、アフリカ大陸の南東部にある世界最貧国のひとつです。天然ガスなどの資源に恵まれ、今後の経済成長が期待されていますが、その恩恵は多くの人に届いていません。国民の約半分が国際貧困ライン(1日約200円)以下で生活しています。人口の大多数が天候に依存する自給自足の農業を営む中・北部の農村地域では開発が特に遅れており、貧困層が多くなっています。

気候変動は、自然災害や農作物の不作、栄養不良やマラリア、下痢症などの感染症の増加など、人々に大きな影響をもたらし、特に貧しい人々へ甚大な被害を及ぼします。国連事務総長は、2019年にモザンビークを直撃した過去最大級のサイクロンが気候変動の「新たな警鐘」であると述べています。
モザンビークはアフリカで3番目に自然災害のリスクが高い国とされています。2019年は過去最大級の大型サイクロンの影響を2度も受けました。サイクロン「イダイ」は3月にモザンビーク中部を襲い、東京都に匹敵する面積が洪水に見舞われ、80万ヘクタールの農地が被害を受けました。4月には北部に「ケネス」が直撃しました。以降、コレラやマラリアなどの罹患リスクが高まりました。食料難による栄養不足も重大な課題です。2019年12月時点で50万人以上もの人々が損壊した家屋などでの生活を余儀なくされ、10万人近くが自宅を離れ、避難しています。
一方、アフリカ南部の広い範囲で、降水量がここ30年間で最低を記録しており、モザンビーク南部でも深刻な干ばつに見舞われている地域があります。
ユニセフは、サイクロンの被害を受けた子どもたちと家族に人道支援を提供し、安全な飲み水、食糧、医療ケアを提供するなど、緊急・復興支援を行っています。

モザンビーク保健省によると、2020年3月下旬に国内で初めての新型コロナウイルス感染者を確認してから、2021年2月中旬迄に累計感染者数は5万人を超えています。現地では、マラリアや下痢疾患など従来の感染症の脅威に加え、新型コロナウイルスの感染拡大が子どもたちへの更なるリスクとして重くのしかかっています。
新型コロナウイルスの感染拡大で、学校が休校になり、教育の機会が失われただけでなく、学校給食や予防接種など学校を通じて受ける栄養や保健サービス、そして子どもたちにとっての安全な場所という生命線が失われる危険性が増しつつあります。
ユニセフは、子どもたちが自分や周辺の人をウイルスから守るために正しい知識を身につけられるよう啓発キャンペーンを実施し、石鹸による手洗いやマスクなど感染予防対策がとれるよう支援を行っています。教育面では、遠隔教育支援、子どもたちが学校で教育を再開し、受け続けられるよう支援活動をすすめています。

モザンビークでは日常的に栄養を十分に取れない慢性栄養不良の改善が過去15年間ほとんど見られず, 5歳未満の子どもの43%がその状況下にあります。人口の8割超が農業に従事していますが、天候に依存した農業生産は干ばつや洪水などの影響を受けやすく、凶作による食料難も理由のひとつです。不衛生な環境によって下痢疾患に陥りやすいことも理由にあげられます。乳幼児期の栄養の不足や偏りも一因です。命を守る母乳育児は6ヶ月未満の乳児のうち半数以下であり、バランスの取れた栄養摂取ができている生後6ヶ月から2歳の乳幼児の割合も13%以下にとどまっています。

ユニセフは、保健施設が不足するコミュニティでも子どもたちを守れるように、栄養治療食の提供や研修を受けた保健員の配備を進め、栄養不良の予防、早期発見、治療に向けた取り組みを進めています。

現在でも毎日5歳未満の子ども320人がマラリアや呼吸器感染症、下痢などの予防や治療が可能な病気で命を落としています。子どもの死亡は新生児が3割以上を占めています。栄養不良、マラリア、HIV/エイズが子どもの病気や死亡に深刻な影響を及ぼしています。

ユニセフは、すべての子どもたちが十分な保健ケアを受けられるよう、地域レベルで保健所を設け、命を守る医薬品やワクチンなどを配備し保健従事者を育成しています。
期間/2021年4月1日~2022年3月31日
主催/フジネットワーク28社  共催/公益財団法人 日本ユニセフ協会 後援/外務省・文部科学省・厚生労働省
募 金 方 法

● 銀行振込
肥後銀行 本店(普通) 1274071
口座名義 FNSチャリティキャンペーン
※お振込みには手数料がかかります。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!