新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠初期の出血」

妊娠初期に起こる出血は、およそ30%の妊婦さんが経験するといわれています。

主なものは、胎盤が形成される過程の出血、切迫流産や流産、異常出血、妊娠とは関係なく起こる出血です。

胎盤が形成される過程での出血には、『着床出血』と『絨毛膜下血腫』があります。
『着床出血』は、受精卵が子宮内膜に着床するときに起こる出血で、全妊娠の8%~25%にみられます。
月経予定日あたりに起こり、通常の月経と比べて出血量は少なく、2~3日でおさまります。
『絨毛膜下血腫』は、子宮内に血液がたまることで起こる出血で、超音波検査で発見されます。
出血の量によっては安静を指示されることもあります。

『切迫流産』とは、流産へ進行する可能性のある 出血などの症状を伴う状態のことで、
少量の出血が断続的に見られます。
大量の出血や下腹部痛を伴うと、流産のリスクが高くなります。
『流産』とは、妊娠22週未満に妊娠が継続できなくなることで、全妊娠のおよそ15%に起こります。
中でも妊娠12週未満に起こるものを早期流産といい、流産のおよそ80%を占めます。

異常出血には、子宮内膜以外に受精卵が着床してしまう『異所性妊娠』、胎盤をつくる絨毛組織が異常増殖を起こし、粒のような状態になって子宮を満たしてしまう『胞状奇胎』などがあります。
また、妊娠とは関係なく起こる出血としては、『子宮膣部びらん』や『子宮頸管ポリープ』などがあります。

妊娠初期の出血は、お腹の赤ちゃんが正常に発育していれば、まず心配ありません。
しかし、出血があった場合は自己判断せずに、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!