熊本のニュース一覧

ワクチン計90回分を廃棄 八代市と宇城市【熊本】

八代市と宇城市は10日、高齢者に接種予定だった新型コロナワクチン計90回分を廃棄したと発表しまた。
八代市によりますと9日、市内の医療機関の職員がワクチンを保管していた保冷庫の扉が開いているのに気づき確認したところ、庫内の温度が保存温度の上限8度を超える13度に上昇していました。
医療機関からの連絡を受けた八代市は、庫内の温度がいつ上昇したか分からないためワクチン13本(78回)分の廃棄を決めたということです。
一方、宇城市では8日、配送業者が市内の医療機関にワクチン5本を配送した際、医療機関の職員が保冷ボックスから2本を取り忘れました。
10日、医療機関がワクチンが足りないことに気づき、宇城市が調べたところ常温になった保冷ボックスにワクチン2本(12回分)があったということです。
いずれも、自治体からの補充で接種計画への影響はないということです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!