熊本のニュース一覧

球磨川 最大流量を毎秒8200トンに引き上げる方針(熊本)

去年7月の豪雨で氾濫した球磨川の整備方針の見直しに向けた会合が6日行われ、洪水時に想定される最大流量を毎秒8200トンに引き上げる方針が示されました。2007年に国交省が策定した球磨川水系の基本方針では、人吉地点のピーク流量を毎秒7000トンと想定していました。しかし、去年7月の豪雨では想定を超える毎秒7900トンだったと推定され見直しに向けた審議が続いています。6日は球磨川の最大流量について気候変動を加味して判断した結果、人吉地点で7月豪雨の想定を上回る毎秒8200トンに引き上げる方針が示されました。国交省は今後議論を進め球磨川の整備方針を決定したいとしています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!