熊本のニュース一覧

託麻南小校区に通学路見守りカメラ設置【熊本】

犯罪を防ぐ「抑止力」となることが期待されます。
熊本市の託麻南小学校区に登下校中の子供たちを守る『通学路見守りカメラ』が3台設置され、13日から運用が始まりました。
【熊本竜太アナ リポート】
「子供たちの通学路、公園にも設置されているカメラ。さまざまな街頭犯罪の捜査に役立つことが期待されています」
熊本県防犯協会連合会の助成で2018年から設置が進められている『通学路見守りカメラ』。
これまでに県内5つの小学校区で16台のカメラが稼働しています。
今年度設置される熊本市立託麻南小学校では、13日運用開始式が行われ、熊本県警のシンボルマスコット『ゆっぴー』から児童代表に、設置を知らせるプレートが贈られました。
【託麻南小学校 水本幸三校長】
「(子供たちの)防犯意識がさらに高まっていくように、地域と連携しながら丁寧に指導を続けていきたい」
県警によりますと、託麻南小校区では去年4月以降、12件の声かけ事案が確認されています。
【熊本県警・犯罪抑止対策室 平田 美和 警部】
「相当な犯罪抑止になると考えている。そのためにもカメラがあることを周知してカメラがある決められた通学路を通ると安心・安全と思ってもらう効果もある」
運用は学校が主体となり、県警は今後、声かけや街頭犯罪の捜査など必要な場合のみ学校から映像を提供してもらい、行為者の特定や警告、検挙に役立てることにしています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!