熊本のニュース一覧

鹿児島の鳥インフル受け 熊本県が防疫体制を強化 【熊本】

鹿児島県の養鶏場のニワトリから鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、熊本県は13日、県庁で対策会議を開き防疫態勢の強化について確認しました。鹿児島県出水市の養鶏場では12日、11羽のニワトリが死んでいるのがみつかり、その後の検査で鳥インフルエンザウイルスが確認されました。
これを受け、熊本県では県内の防疫態勢レベルを「2」に引き上げ、13日の対策会議で防疫態勢の強化などについて確認しました。
養鶏場から、半径10キロ圏内に水俣市の一部が含まれていることから熊本県では、鹿児島県との県境に消毒ポイントを設置するほか農家への消毒の指導などを行うということです。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!