熊本のニュース一覧

熊本市でオミクロン株感染を初めて確認

【熊本市健康福祉局 山崎広信 総括審議員】
「本日オミクロン株であることが確認されました。発生状況から県外での感染事例と考えています」
新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株の感染が確認されたのは、熊本市の20代の会社員の男性です。
この男性は去年12月26日から東京、大阪、広島を旅行し、今月2日、熊本に帰ってきました。
男性は広島に滞在中の去年12月29日にのどの痛みや倦怠感があり、熊本に戻った翌日の1月3日に38.9度の発熱、咳などの症状を訴え、4日に医療機関に入院しました。
男性は4日のPCR検査で陽性と確認されたあと、スクリーニング検査でデルタ株ではないことがわかり、詳しい検査の結果7日、オミクロン株に感染していることが確認されました。
現在は軽症ということです。
男性がワクチンを接種していたかについて熊本市は「確認はしたが、男性が公表に同意していないため発表を控える」としています。
男性に海外渡航歴はなく、感染経路は不明ですが、熊本市は発症日や行動歴から男性は県外で感染したとする見解を示しました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!