熊本のニュース一覧

豪雨で被災した住宅の修繕などを巡るトラブルで弁護団を結成【熊本】

おととし7月の豪雨で被災した住宅の修繕などをめぐるトラブルで、県内の弁護士が被害者救済の弁護団を結成しました。
弁護団によりますと、人吉市の『匠工務』と八代市の『共栄建設』が豪雨で被災した住宅の修繕などで代金を受け取っているにもかかわらず、工事を行わず、返金にも応じていないということです。
人吉市や球磨村の被災者から、すでに14件の相談が寄せられていて、1000万円以上を支払ったケースもあったということです。
弁護団は31日、人吉市で被害者説明会を開催し、被害者の掘り起こしを図るとともに刑事告訴を検討しています。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!