熊本のニュース一覧

熊本地震で被災 5年前に埋めたタイムカプセル開封 益城町飯野小

熊本地震で大きな被害にあった益城町の小学校で5年前に埋めたタイムカプセルをきのう開封しました。

久しぶりに再会した卒業生や地域の住民たちはカプセルに入れた自分宛てのメッセージを見ながら当時の思い出を語り合いました。

【タイムカプセルを取り出す】
「よいしょ。やった~」

益城町立飯野小学校です。

2016年の熊本地震では益城町が大きな被害に遭い、学校のグラウンドには仮設団地が整備されました。

飯野小の児童や、仮設団地の住民、ボランティアたちは熊本地震をきっかけに交流が深まり、地震から3年後の2019年、校内にタイムカプセルを埋めて5年後の再会を約束しました。

11日。

飯野小学校には卒業生や仮設団地で暮らしていた人などが集まり久しぶりの再会を喜び合いました。

【仮設団地で暮らしていた住民】
「なつかしいよね。元気にしてた?元気だったよ」
「当時は、大変だった。頑張るしかなかった。お互い協力してやってきた」

【当時の先生】
「会うのは5年ぶり」

【学校で避難所暮らしをしていた人】
「なつかしい。涙がでる。とても先生がよかったから涙がでます先生」

集まった人たちは校内に埋めた6つのタイムカプセルを1つ1つスコップを使って取り出しました。

【卒業生】
「あっというまてす。高校生になったし。カプセルの中に何を入れたのかは覚えていないが何かを入れたのは覚えている」

タイムカプセルは体育館へと運ばれ開封されました。

中に入っていたのは思い出の品や5年後の自分に向けたメッセージです。

【卒業生】
「「5年後の自分は今何をしていますか」と書いた」
「中学校に行って勉強頑張ってます」

【卒業生】
「「私の将来の夢は保育士だけど5年後の将来の夢は何ですか」と書いた」
「今は理学療法士になるのが夢に変わったので夢が叶うように頑張る」

【地域の住民】
「「いつまでも長生きしたい」と書いた」
「足腰は弱ったけど元気でやっている」

飯野小に、勤務していた先生たちも当時を懐かしんでいました。

【飯野小 元校長 柴田 敏博さん】
「みんなで久しぶり会ってうれしいし元気で頑張っているしこれからもこのような出会いを大事にしたい」

【企画した 元 飯野小仮設団地の自治会長 草野 圭介さん】
「みんなの笑顔を見ると自分もこの企画をしてよかったと思う。また違う形でみんなと再会して交流できればいいと思う」

【みんなで記念撮影】
「飯野小学校!最高!」

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!