熊本のニュース一覧

熊本県知事選 3連休も活発な動き 蒲島知事『バトン』めぐる言動への反応は

3月の熊本県知事選挙に立候補を表明している2人は、この3連休も活発な動きを見せています。

蒲島知事の『バトン』をめぐる言動に注目が集まる中、受け取った元副知事の木村 敬さん(49)の反応と、その行動に疑問を投げかける元熊本市長の幸山 政史さん(58)の動きを追いました。

先週金曜日、無所属での出馬を予定している元副知事、木村敬さんを推薦する自民党県連が開いた総決起集会。応援に駆け付けた蒲島知事は…。

【蒲島知事】
「きょうはこれを持ってきました」

おもむろに取り出したのはピンクのバトンでした。それが何を意味するのか説明はなかったものの挨拶の後、木村さんは…。

【木村 敬 氏】
「突然知事からバトンを渡されまして驚いていますが…しかしこのバトンしっかりと受け継がせていただきます。皆さんよろしいでしょうか」

「事実上の後継指名」に映る今回の行動について蒲島知事は…。

【蒲島知事】
「木村氏はレースを走るので立派なレースを走りなさいと言う気持ち、激励だな」

こう述べたうえで、「後継指名という意味ではない」と強調しました。

【木村 敬 氏】
「知らない人に知ってもらうことが大事なのですごくありがたい機会。とてもいいつながりができた」木村さんは、この3連休自民党所属の県議とともに各地を回り、地域の祭りなどに参加しました。

【木村 敬 氏】
「TSMC効果を全県に波及させる。そして県南に波及するためにはまずこの八代が発展し、八代が中心となって県全域に、県南全域に広げていく役割がある」

10日、八代市で開かれた集会には、蒲島知事の姿も…。

別の会合でも行動を共にしていて、目に見える形で木村さんを応援する動きを見せています。

【木村 敬 氏】
「壇上に一緒に立って『エイエイオー』をしたのは驚いたが、それは知事の思いなんでしょう。私はうれしく受け止めた。バトンは受け継ぐ。蒲島県政のよき流れはしっかり私が受け継いでいく覚悟で皆さんにアピールしていきたい」


【幸山 政史 氏】
「TSMCの工場進出、第2工場も決まったので、景気のいい話ももちろん聞こえてくるが、数としては厳しい話の方が多いというのが実感」

こちらは無所属での出馬を予定している元熊本市長の幸山 政史さん。12日朝、熊本市の神社で開かれた初午大祭に参加しました。

幸山さんは蒲島知事の『バトン』をめぐる言動に疑問を投げかけます。

【幸山 政史 氏】「なぜ『後継指名』と言われないのか、言葉遊びしているだけなのではないか、政治家の言葉が軽くなってしまうのであれば、そちらの方が問題だと思う」

10日は、荒尾市で支援者が開いた集会に参加した幸山さん。

1つの政党に偏らず『オール県民党』を掲げ3度目の知事選に臨みます。

【幸山 政史 氏】
「知事を決めるのは県民だから。県民の皆さま一人ひとりが知事を決めなければならない。そうしなければ開かれた県政なんてできるものではない」

幸山さんは県内各地でミニ集会を重ねるとともに、今後は、街頭演説も行うことにしています。

熊本県知事選挙は3月7日告示、24日投開票です。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!