熊本のニュース一覧

熊本市の新年度一般会計当初予算案 過去最大規模4000億円超

熊本市の大西市長は13日、2月定例議会に提案する新年度・一般会計当初予算案を発表。一般会計の総額は4000億円を超え過去最大規模となりました。

熊本市の一般会計当初予算、これまでの最大額は熊本地震翌年・2017年度の3948億円ですが、新年度・2024年度案はこれを上回る4014億円で過去最大規模となっています。

増加の主な要因は、扶助費や人件費、投資的経費が増えたためです。

熊本市の新年度当初予算のテーマは『よりよい未来への着実な一歩』。

特にこども局の予算は153事業・620億円に上っていて、子育て支援アプリの新設や新たなこども食堂の開設支援などの費用が盛り込まれています。

また、TSMC関連は21事業・合わせて11億2000万円です。

渋滞解消を目指した公共交通の利用促進事業や、環境保全プロジェクトとして白川中流域における水田湛水の協力農家への助成金を増額する取り組みなどを実施する予定です。

2月定例議会は2月19日に開会します。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!