熊本のニュース一覧

五木村の木下村長が知事に振興策の早期具体化や財源の確保など要望【熊本】

球磨川の支流・川辺川に建設予定の流水型ダムについて4月、受け入れを表明した
五木村が熊本県に要望書を提出しました。五木村の木下村長が熊本県庁を訪れ、木村知事に振興策の早期具体化や財源の確保などを求めました。

熊本県庁を訪れたのは五木村の木下 丈二村長や村議会の議員です。

木下村長は4月21日に村民集会を開き、球磨川の支流・川辺川に計画されている
流水型ダムについて受け入れを表明。

27日、木村知事に五木村の振興に向けた要望書を提出しました。

木下村長は、これまで五木村が50年以上にわたりダムに翻弄されてきた歴史に触れ、「新たな村づくりに期待の声がある一方、不安を感じている村民も少なくない」と説明。

「国と県のこれまで以上の支援が必要で、一日も早く目に見える形で示してほしい」
と要望しました。
要望書では、道路やトンネル整備などの五木村振興策の早期具体化や、村づくりに必要な平地の整備などの財源の確保を求めています。

木村知事は、「村民の不安を少しでも軽減し、一日でも早く実現するために要望書をしっかりと受け止める」と話し、竹内・亀崎両副知事が具体策について説明しました。

【五木村 木下 丈二村長】
「知事を含め両副知事に具体的な話やスケジュール感を説明してもらい、非常にありがたい」

木下村長たちは国交省や財務省にも要望書の提出を行いました。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!