新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「胎動について」

胎動とは、羊水の中で活発に動く赤ちゃんの頭や手足が、子宮壁にあたったときに感じるものです。
元気で育っているという赤ちゃんからのサインでもあります。

初めて胎動を感じる時期には個人差があり、一般的に、妊娠5ヶ月~6ヶ月の、妊娠18週~20週前後。
早い人は妊娠16週頃から感じ、ほとんどの妊婦さんが、妊娠22週頃には分かるようになります。

胎動の感じ方も 人それぞれで、お腹の中がゴロゴロするような感じなど、最初は胎動だと認識できないこともありますが、妊娠週数が進むにつれて、ポコポコとした感じや、蹴っているのが分かるくらいボコッボコッとした感覚、さらに赤ちゃんが大きくなると、お腹を見ただけで、赤ちゃんが動くのがわかることもあります。

赤ちゃんが元気に育っているかを、お母さんがチェックする方法として、胎動カウントがあります。
赤ちゃんが動いているときに、10回動くのにかかった時間を計ります。
赤ちゃんは、目が覚めているときは20分以内に10回ぐらい動きます。
普段と様子が違ったり、1時間以上かかるようであれば、医師の診察を受けましょう。

胎動によって、お腹の赤ちゃんを感じる時期は、お母さんと赤ちゃんの大切な時間です。胎動を感じた辺りを触ってみたり、話しかけたりするなど、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しんでみてください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!