新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「新生児について」

生後28日未満の赤ちゃんのことを、新生児といいます。新生児期は、生まれたばかりの、特別な期間です。今回は、新生児の身体的特徴をご紹介します。

新生児の身長は、50cm前後で、体重は、2500g~3500gくらい。
出生後数日間は、生理的体重減少といって、体重が減少し、その後増加しはじめます。
生後3ヶ月で体重は、出生時のおよそ2倍になり、生後6ヶ月以降は増加が緩やかになっていきます。

皮ふは、生後すぐはピンク色で、生後4、5日で黄色っぽくなりますが、2週間以内に消失します。
これは、生理的黄疸といって、赤ちゃんの肝臓の機能が未熟なために起こります。

おへそは、生後すぐはジクジクしていますが、1、2週間経つと、へその緒が自然にポロリと取れて乾いていきます。
それまでは、しっかりと消毒し、よく乾かしておくことが大切です。

また、首から上は皮脂腺が多く、あせもやニキビ、脂漏性湿疹ができやすいので、顔・頭・首は、石鹸をよく泡立てて、優しく丁寧に洗いましょう。
垢が溜まりやすい関節のくびれ目も、よく洗いましょう。

お尻のあたりに見られる青いアザ、蒙古斑は、生後1週間くらいに現れ、7、8歳くらいで自然に消えてしまいます。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!