新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠中期の特徴」

妊娠中期は、妊娠5ヶ月から7ヶ月のことで、安定期とも言われます。

妊娠5ヶ月には、子宮も大人の頭くらいの大きさになり、妊婦さんらしい体型になってきます。
赤ちゃんは、骨格や筋肉・神経が発達し、よく動くようになります。
多くの人は、つわりもおさまり、食欲が出てくるので、栄養のバランスを考え、食べ過ぎに注意しましょう。
医師の許可が出たら、マタニティスポーツなど、無理のない運動が可能になります。

妊娠6ヶ月には、子宮底がおヘソの高さに達し、お腹が前にせり出してきます。
赤ちゃんは、生理的な機能の基礎が揃って、体の均整がとれてきます。
この時期になると、ほとんどの人がはっきりと胎動を感じるようになります。
大きくなった子宮の影響で、下半身の血行が悪くなり、足がつったり、こむら返りが起きるなど、
マイナートラブルも増えてきます。

妊娠7ヶ月には、子宮がおヘソの上まで達し、お腹全体が大きくなってきます。
赤ちゃんは、男女の区別がつくようになり、脳も発達して、体の機能をコントロールできるようになります。
お腹が大きくなったことで、背骨や腰に負担がかかるようになり、胃もたれや、便秘、頻尿にもなりがちです。
乳腺も発達するので、乳房もさらに大きくなります。

安定期といっても、『胎盤の完成によって妊娠が安定する時期』という意味なので、くれぐれも、無理のない範囲で、マタニティライフを楽しんでください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!