新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「女性のがん検診」

がんを早期に発見できれば、治療の選択肢も多く、治療後における回復の見通しもよく、生活の質も維持しやすいといわれています。
無症状のうちにがんを早期発見するためにも、がん検診を受けることが大切です。
         
現在、働く世代の女性を中心に、乳がん・子宮頸がんが急増しています。
特に乳がんは、日本人女性がかかるがんの中で一番多いがんです。

乳がんとは、乳房の乳腺にできるがんのことで、30代から急増し、40代後半から50代にかけてピークを迎えます。
初期症状はほとんどなく、自分で乳房を触るセルフチェックによって分かることもあります。
初潮の時期が早かった人や、閉経が遅い人、出産・授乳経験がない人などは、乳がんのリスクが高いといわれています。

子宮頸がんは、子宮の入り口付近にできるがんで、ヒトパピローマウイルスへの感染が原因となります。
20代から30代に多く、一度でも性交渉の経験があると発症のリスクがあると言われています。初期症状はほとんどなく、妊娠をきっかけに発見されるケースも稀ではありません。
      
乳がん・子宮頸がんともに、早期に発見できれば、ほぼ100%完治できるといわれています。どちらのがんも、初期症状がほとんどなく進行するため、早期発見のためには、定期的ながん検診が最も有効です。

乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン対象の方は、2月末が使用期限となっていますので、早めに医療機関を受診しましょう。
         

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!