新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週土曜 午前11:30~11:33
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠中の皮ふトラブル」

妊娠中は、ホルモンバランスの変化で、肌が敏感になります。
主に、どのような症状が現れるのか、いくつかご紹介します。

気にする妊婦さんが一番多いのは、『シミ・そばかすが増える』こと。
妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されるため、メラニン色素が増加し、シミ・そばかすが増えます。
正中線というお腹の真ん中の線や、わきの下などが黒ずむのも、同じ原因です。
黒ずみは、産後しばらくすれば徐々に目立たなくなりますが、シミ・そばかすは消えないので、しっかりと紫外線対策をしましょう。

また、この季節、特に注意したいのが、乾燥です。妊娠中は、皮ふの油分と水分のバランスが崩れるため、肌が乾燥して湿疹ができやすくなります。
さらに、かゆみを伴う皮ふ疾患にもかかりやすいので注意が必要です。

『妊娠性痒疹』は、発疹を伴うかゆみで、妊婦さんのおよそ2%に起こるといわれていて、妊娠3、4ヶ月頃に出始め、出産まで続くことが多い疾患です。
また、湿疹はなく、全身にかゆみが出る『妊娠性皮膚掻痒症』は、妊娠中期から後期にかけてみられる症状で、妊娠中に胆汁の流れが悪くなることが主な原因とされています。
どちらにしても、症状がひどい場合には、担当医師に相談しましょう。

妊娠中の皮ふトラブルの多くは、出産後には改善しますが、肌へのダメージを少しでも減らすために、清潔に保ち、保湿を心がけるようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!