新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「新生児について」

産まれてから4週間以内の赤ちゃんを新生児といいます。

新生児ならではの特徴を知っていると、安心してお世話ができるでしょう。

まずは、新生児の身体的な特徴から。身長は50cm前後、体つきは3~4頭身で頭が大きく、首はすわっていません。頭蓋骨には隙間があり、頭はやわらかいです。
体温は37℃前後で、皮膚は薄く、皮下脂肪も少ないので、体温調節機能がまだ未熟です。
生後2~3日で皮膚がぽろぽろとはがれ落ちたり、黄色っぽくなったり、蒙古斑が現れることもありますが、いずれも自然に治まります。
呼吸や脈は、大人の2倍くらいの速さが普通です。
視力は、30cm先がぼんやり見える程度で、明るさと暗さが分かり、明るいほうを見ようとします。
耳は、お腹の中に居るときから聞こえていて、聴力の検査をすることもできます。
おへそは、生後すぐはジクジクしていますが、1~2週間ほどで乾燥して、へその緒もポロッと取れます。

行動の特徴としては、昼と夜の区別がなく、ほぼ1日寝てばかりいます。
膀胱が小さいため、1日に10回程度おしっこをします。
産まれた直後は、黒っぽくネバネバしたウンチで、おっぱいやミルクを飲み始めると、少しずつ黄みを帯びてきます。回数は、1日に5回前後です。

赤ちゃんは、お母さんやお父さんの、優しい声が大好きです。
笑顔で、目を合わせながら、ゆったりとしたリズムで話しかけてあげましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!