新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「母子手帳について」

母子手帳は正式には『母子健康手帳』といいます。
その名の通り、お母さんと赤ちゃんの健康について記入していく手帳だと思ってください。

母子手帳は、妊娠が確定し、病院から『妊娠届出書』をもらい、市区町村の窓口に提出すると交付されます。
同時に、妊婦健診を受けるときに使える公費補助券が配布されます。
安全な妊娠・出産のためには、妊婦健診などの母子保健サービスを早期から受けることが重要なので、妊娠11週までには、もらいに行くようにしましょう。

母子手帳に記入するのは、妊娠中の健康状態、妊娠経過、出産の状態と産後の経過、乳幼児期の発育・予防接種・歯科検診の記録などで、記載内容は、妊娠・出産・育児についてのアドバイス、妊娠期の注意事項、妊産婦の栄養、育児についての注意点、母子保健に関する制度についてなどです。
赤ちゃんの予防接種の記録は、大人になってからも必要になります。

母子手帳をもらったら、常に携帯するようにしてください。
妊婦健診や、その他の検査、母親学級、歯科治療などのときは、必要事項を記入してもらいましょう。また、外出の際に、急なアクシデントが起きた場合でも、母子手帳を持っていると、妊娠経過などが分かり、適切な対応をしてもらえます。

母子手帳は、赤ちゃんにとって かけがえのない成長記録なので、大切に保管しましょう。

母親学級についてのお知らせです。
福田病院では、新型コロナウイルス感染予防対策を十分行った上で、母親学級を開催しております。
また、ご家族参加型の学級、サークルは、しばらく中止させていただきます。
詳しくは、福田病院ホームページをご覧ください。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!