新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠初期の出血」

妊娠してすぐの出血は不安になると思いますが、妊娠中は、子宮の血流が良くなるため、ちょっとしたことでも出血しやすくなります。

妊娠初期の出血は、全体のおよそ30%の妊婦さんが経験します。妊娠経過には影響のないものがほとんどですが、トラブルによる出血の可能性もあるので、自己判断は禁物です。
もし出血があった場合は、少量の出血でも、すぐに、通っている病院へ連絡し、医師に診断してもらいましょう。

主な出血の原因には、胎盤が形成される過程で起こるものとして、受精卵が着床するときに起こる『着床出血』、子宮内に血液が溜まることで起こる『絨毛膜下血腫』、お腹の張りや痛みを伴うこともあるものに、妊娠22週未満に赤ちゃんが亡くなってしまう『流産』、流産の一歩手前である状態の『切迫流産』、異常出血である、子宮内膜以外に受精卵が着床してしまう『異所性妊娠』、胎盤をつくる絨毛組織が異常繁殖を起こし、粒のような状態になって子宮を満たしてしまう『胞状奇胎』などがあります。

病院に連絡するときは、母子手帳を手元に用意し、妊娠週数、出血の色や量、血の状態、お腹の痛み、そのほかの症状などを詳しく伝えるようにしましょう。

【福田病院からのお知らせです。】
現在、新型コロナウイルス感染予防対策として、入館制限を行っております。原則として、患者様以外の入館はできません。また、入館の際は、マスクの着用と手の消毒を徹底し、発熱・咳などの症状がある方は、事前にお電話の上、受診していただきます。詳しくは、福田病院ホームページをご覧ください。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!