新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「妊娠後期の特徴」

妊娠後期は妊娠8ヶ月から10ヶ月のことで、いよいよ出産に向けてラストスパートの時期になります。
中でも 妊娠10ヶ月は臨月とも呼ばれ、いつ赤ちゃんが生まれてきてもいい頃です。

これまでゆるやかに成長してきたお腹の赤ちゃんも、急激に大きくなるため、母体への負担も大きくなっていきます。

妊娠8ヶ月には、子宮が大きくなり胃が圧迫されて、食べ物がつかえた感じになります。
お腹に妊娠線ができたり、下半身の血流が滞り 静脈瘤ができたりします。
時々、子宮が収縮して、お腹が張ったりします。

妊娠9ヶ月には、子宮底が高くなり、胃・肺・心臓を圧迫するので、動悸・息切れが起こりやすく、動作が鈍くなります。 膀胱も圧迫されるので、頻尿や残尿感を覚えます。
背中や腰・下腹部・ももの付け根に重みや圧迫感を感じるようになります。
こむらがえりが起きたり、ふくらはぎがつって痛むこともあります。

妊娠10ヶ月には、お腹の赤ちゃんの位置が下がるので、胃・肺・心臓への圧迫感が軽くなります。
一方で、膀胱への圧迫が強まり、ますます頻尿になります。
胎動が弱くなり、1日に何度もお腹が張るようになると、出産も間近です。

妊娠後期に起こりやすい異常としては、高血圧になり、母体や胎盤・胎児に悪影響を及ぼす 『妊娠高血圧症候群』、妊娠後期にリスクが高くなる『妊娠糖尿病』、分娩前に、何らかの原因で胎盤が剥がれてしまう『常位胎盤早期剥離』などがあります。

『常位胎盤早期剥離』は、放置すると、大量出血が起こり、母子共に危険な状態になることもあるため、下腹部痛や出血がある場合は、すぐに病院を受診しましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!