新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「新生児の特徴」

産まれてから4週間以内の赤ちゃんを新生児といいます。

お母さんのお腹の中とは違う環境に慣れ、赤ちゃんが自分の力で活動していくようになるための大切な時期です。

新生児期の赤ちゃんは、寝る時間と起きている時間のリズムが定まらず、1日中、おっぱいを飲んで寝る、泣いて起きるを繰り返します。
レム睡眠という浅い眠りなので、物音に反応し、頻繁に起きる赤ちゃんもいます。
生後2週間くらいまでは昼も夜もよく寝ていますが、生後3週間ころから泣く時間も増え、
昼夜逆転してしまう赤ちゃんもいます。
生後2ヶ月から3ヶ月ころには昼夜の区別がついてきて、昼間は起きている時間が長くなっていきます。

膀胱の容量が小さいので、1日に10回~20回おしっこをします。
便の回数も多く、1日に4回~8回が一般的ですが、授乳のたびに便をする子もいます。
産まれた直後は黒っぽくネバネバしている便で、母乳やミルクを飲み始めると少しずつ黄色みを帯びていきます。

生理的体重減少といって、出生後数日間で、排泄物が出ることによりおよそ1割の体重が減少しますが、その後、母乳やミルクを飲むようになり、体重が増えていくので心配ありません。
新生児期の体重増加の目安は、1日あたり30g~40g前後で、母乳やミルクを十分に飲めていることになります。
生後1ヶ月で赤ちゃんの体重はおよそ1kg増加し、3、4ヶ月で出生時のおよそ2倍になります。

赤ちゃんは、お腹の中にいるときから聞いていた お母さんの声が大好きです。
明るさと暗さはよく分かり、明るい方を見ようとします。
視力としては、30cm先がぼんやり見える程度なので、話しかけながら、近くで顔を見せてあげるようにしましょう。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!