新堀曜子先生の女性教室

新堀曜子先生の女性教室

毎週火曜よる9:54 OA
知っているようで意外と知らない女性の体について、福田病院の新堀曜子先生が皆さんからの質問に答えます。
愛育会 福田病院 産婦人科 新堀 曜子先生
OA

「母子手帳について(2)」

母子手帳は、お母さんと赤ちゃんの健康について記録する、世界に1つの健康データブックです。
育児書のような面もあり、妊娠・出産・育児に関するアドバイスが載っています。

母子手帳に記録する内容で、病院などで記入してもらうのは、妊婦健診を受診した際のお母さんの健康状態・妊娠経過、さまざまな検査の記録、母親学級の受講記録、出産の状態や産まれたときの赤ちゃんについて、産後のお母さんと赤ちゃんの経過、赤ちゃんの健康診査や予防接種の記録などです。
お母さんが記入する部分は、自分の職業や環境、健康状態や、妊娠時期ごとの記録、赤ちゃんの成長についてなどです。
予防接種の記録は、公的な証明となるため、赤ちゃんが大人になってからも必要となります。

母子手帳の記載内容は、妊娠・出産に関することでは、お腹の赤ちゃんとお母さんの変化が分かるマタニティカレンダー、妊娠中の食事、妊娠・出産に関わる費用の補助制度、働く妊婦さんのサポート制度、産休・育休の制度など。
育児に関することでは、母乳について、乳幼児の成長と育児、食事のポイント、歯の健康、生活習慣、乳幼児の事故防止について などが載っています。

また、妊婦健診を無料で受けることができる公費補助券は、母子手帳と一緒に交付されます。
安全な妊娠・出産のためには、早期から妊婦健診を受けることが重要なので、母子手帳の交付は、妊娠11週までには済ませるようにしましょう。

母子手帳には、お母さんが自由に記入できる箇所がありますが、日記のような感覚で、その時の状態や気持ちなどを書いて、オリジナルの1冊にしてほしいと思います。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!