月曜日といえばこのコーナー ちょチョイと解決!

視聴者のみなさんの疑問を徹底調査!
担当 : もっこすファイヤー (c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD

2021年01月の一覧

今回は視聴者のお悩みを発表していただき、スタジオにいるかたらんねファミリーで解決に導こうじゃないかという『視聴者ファースト』の企画です。

今回頂いたお便りをご紹介します。熊本市西区にお住まいの大西さんからです。『皆さんこんにちは。我が家には大衆演劇が大好きな小学4年生の息子がいます。といってもお芝居ではなく、舞う事が好きなんです。特に団体に所属しているわけでは無いのですが、老人ホームに慰問訪問をして舞を披露していました。しかしコロナ禍の影響で行けなくなってしまいました。いつも喜んでくれたおじいちゃんおばあちゃんに会いに行けないので、ぜひ息子を取材してもらいテレビで息子が踊る姿を届けたいと思っています。ぜひ取材しに来てください。よろしくお願いします。』行ってまいりましたよ~!!
阿蘇劇場 喜楽座で大衆演劇を観て以来、その舞に魅了された辰幸くん。3歳児検診の時に、軽度の知的障害・広汎性発達障害と診断された辰幸くんですが、指導者に習わせることはせず、辰幸くんが経験を積み成長させることが第一とされてきました。早くコロナウイルスが落ち着き、おじいちゃんおばあちゃんに舞を見せに行きるようになればいいですね!!

今回は、2021年こそ克服したいことを街頭調査してきました。皆さんは何か克服したいことありますか?


あけましておめでとうございます!新年一発目は、2021年がみなさんにとっていい年になりますように、縁起がいい「ある芸」をお届けしたいと思います。という事で、大車輪に挑戦していただきます!挑戦していただくのは、沼川一彦さんです。76歳の沼川さん、年末の寒波であまり体を動かすことはできなかったそうですが、沼川さんは燃えています!

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!