金曜日といえばこのコーナー 金スペ

アレもコレもお任せ!週末すぐ行ける旅の提案も
担当 : 安井まさじ 他 (c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD

熊本地震の本震から半年を迎えた益城町の様子をお届けします。

今回の金スペは、熊本地震の本震から半年を迎えた益城町の様子をお届けします。益城町と言えば、4月14日と16日に震度7の揺れに2度見舞われた、県内でも特に被害の大きかった町です。町内の住宅や店舗など、町内の建物の9割近くが大きな被害を受け、大変残念な事に、益城町では地震による死者もありました。
現在、入居者がいる仮設住宅は16団地・1397戸、およそ3600人の方が暮らしています。家屋の解体業者が立て込み、順番待ちしている方々も、家が草だらけになるのはしのびないと、草取りに足しげく通ったり…大きな被害を受け、恐怖も感じたが、益城が好きだから、また益城に戻りたいと考えている方が多くいらっしゃいます。
甚大な被害を受けながら、益城町で復興を目指す住民の皆さんの心に迫ります。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!