木曜日といえばこのコーナー くらしの豆知識

気になる生活情報をお届け!病気や法律問題もわかりやすく解説
担当 : 田中洋平・恒松聡美

2019年09月の一覧

アディーレ法律事務所 福永弁護士に毎月1回ご出演いただき「お悩みかたらんね」と題して、法律に関するお悩みについて解説して頂きます。
さて、今回のテーマは「プライバシートラブル」です。今回もクイズを出題しますのでテレビの前の皆さんもそしてスタジオの皆さんも一緒に考えてくださいね。今回はちょっと他県の方言が強めですので、そちらにも注目してご覧ください!


アディーレ法律事務所
TEL 0120-316-742
備考 【お知らせ】
弁護士法人アディーレ法律事務所では借金や過払い金に関するご相談のほか、交通事故の被害、浮気の慰謝料問題、残業代請求、B型肝炎の給付金請求に関するご相談も何度でも無料です。土日祝日もご相談を行っており、朝9時から夜10時までお電話を受け付けております。まずは、0120-316-742までお問い合わせください。借金や過払い金のご相談はホームページからも予約を受け付けています。


今回のくらしの豆知識は特別編です!かたらんねでは毎年恒例となりました北海道フェア特集です!!スタジオには、ゆめタウン光の森 食品店長の竹下さんにお越し頂きました。よろしくお願いします。いよいよ今日からですね!


『はい!今日から県内のゆめタウン・ゆめマートで秋の北海道フェアを開催いたします!』


今回かたらんねは、ついに、オホーツク海沿岸の紋別市に進出しました!毎年冬になると流氷が来るところですね。そこから5時間ほど移動しまして、石狩、江別、さらに帯広、音更と総移動距離は1200キロを超えました!!


今回も北海道フェア初登場の商品はもちろん、北海道フェアで不動の人気ナンバーワンのあの商品をちょっとちがった角度から、さらに、現地の北海道でさえ手に入るのが難しい、今話題の商品まで、盛りだくさんです。


ゆめマート熊本新町・近見では実施しておりません。一部店舗は開催期間が異なります。開催店も店舗によっては品ぞろえが異なる場合もありますし、北海道の天候次第で産地が変更になる場合もあります。予めご了承お願いします。


ということで、北海道の秋の魅力が集結する、ゆめタウン・ゆめマート 秋の北海道フェア、今日19日から23日(月)までです!かたらんねが終わったらぜひ、お近くのゆめタウン・ゆめマートの北海道フェアに行ってみてくださいね!!


皆さん、今月21日は「世界アルツハイマーデー」です。認知症を正しく理解しようという啓発の日なんですが、今日はその「認知症」について考えたいと思います。という事で、スタジオには、熊本県認知症対策・地域ケア推進課 徳永さんにお越し頂きました。よろしくお願いします!


さて、改めまして「世界アルツハイマーデー」とは、認知症に対する理解やサポートを広める目的で国際アルツハイマー病協会と世界保健機関が共同で1994年に制定したものです。9月を世界アルツハイマー月間と定め、この期間は全国で啓発活動が行われています。


実は認知症の高齢者は年々増加していて2025年には全国で推定で700万人、熊本県ではおよそ11万人の方が認知症になると予想されています。全国で700万人という数字は高齢者の5人に1人という計算になります。そこで、熊本県でも様々な取り組みをされているそうで、お伺いした熊本大学病院内の「認知症疾患医療センター」の設立もその取り組みのひとつなんです。


熊本大学病院を含めて、「認知症疾患医療センター」は、県内に12ヶ所整備しています。「認知症疾患医療センター」では、認知症の早期診断や認知症に伴う精神症状や行動障害の治療など、様々な認知症に関する課題に対して専門的な対応を行っています。
その他にも、かかりつけ医の先生方の認知症対応力の向上も進めています。ご家族や周囲の方に認知症を疑う症状、認知症に関する悩みや心配事がありましたら、まずは、かかりつけ医の先生にご相談いただければと思います。


さて、そんな認知症に関する悩みを気軽に相談できるコールセンター『認知症ほっとコール』があるのをご存知でしょうか?電話だけでなく、直接コールセンターを訪ねてご相談も受け付けているそうです。場所は、「ステラ上通ビル」の3階になります。直接訪ねる場合もまずはお電話でご連絡をお願いします。


ところで、皆さんは「認知症カフェ」をご存知でしょうか?認知症の人やその家族、地域住民が集う場として開かれているそうですが、常設のものからイベント的に開かれるところまで現在県内で117ヶ所あります。そんな『認知症カフェ』を2ヶ所取材してきました。『as a cafe』と『認知症カフェ みちくさ』です。『as a cafe』は、認知症カフェとして毎日営業していていて、全国でも珍しいそうです。施設にお住まいの認知症の方を受け入れてくれる方であれば、フロアーの貸し出しもしていらっしゃるとのことですので、お問い合わせください。
また、県内117ヶ所の認知症カフェにつきましては、県のホームページでも場所や開催日を紹介しています。県のホームページ内検索で、「認知症カフェ」を検索してみてください。


さて、9月21日の世界アルツハイマーデーにちなんで、熊本でもイベントが行われるそうです。10月12日(土)13時より熊本市国際交流会館ホールで、世界アルツハイマーデー記念講演会が行われます。参加無料ですが、事前にお申し込みが必要です。「認知症の人と家族の会」までお申し込みをお願いします。電話、FAXまたはEメールでお申し込みください。※締切9月30日(月)。詳しくは「認知症の人と家族の会」まで!
認知症の人と家族の会 熊本県支部:096-223-5164


皆さんも、是非この機会に「認知症」について目を向けてみて下さい。


認知症ほっとコール
住所 熊本市中央区上通町3-15 ステラ上通ビル3階
TEL 096-355-1755
相談受付時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
駐車場 なし
Googleマップ で見る
as a cafe
TEL 096-360-3511(あやの里)

認知症カフェ みちくさ
TEL 096-285-7821(担当 矢野さん)

認知症の人と家族の会 熊本県支部
TEL 096-223-5164

今日は、消費増税後、お得になる「キャッシュレス」について、ファイナンシャルプランナーの万江さんと一緒に勉強したいと思います。よろしくお願い致します。


なぜ今「キャッシュレス」という言葉が多用されているのかといいますと、消費増税後はなんと!2%か5%の還元が受けられるからなんです。消費税が2%あがっても、同様またはそれ以上の還元が受けられたら今までより得をするんです。還元の違いは、中小小売、飲食、宿泊に関しては5%の還元。コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどの大手系列チェーン店では2%還元。そして、百貨店などの大企業や病院、また車や住宅など車両税や住宅ローン補助など別の形で補助がある商品、また金券など換金性が高い物には還元が発生しませんのでご注意ください。


「キャッシュレス社会」を目指し、増税後はさまざまな形で還元されるんですが、実は「キャッシュレス」と一言で言いますが、「クレジットカード」「電子マネー」「デビットカード」「決済アプリ」と大きく4つに分けられます。クレジットカードも実は「キャッシュレス」なんですね。知らぬ間に利用していた人もいらっしゃるんですよね。自分のお金の使い方やそれぞれの特長、使う場面を理解して、自分に合った「キャッシュレス」を使ってみてはいかがでしょうか。それぞれの還元が戻ってくる時期は違いますので、各決済事業社のホームページやお問い合わせ窓口にご確認ください。


さてその中でも、どの特長も生かせる「決済アプリ」ですが、難しい、面倒くさそう、現金がないと落ち着かないと思っているかもしれませんが、実は簡単で得をするんです!「決済アプリ」の利点は、チャージの設定次第で、事前払い・即時払い・後払いが可能。さらにその場でポイント還元!またポイント還元キャンペーンもあります。


本日紹介したのは、現時点での状況です。これから消費税増税後にどのように還元されるか、ぜひニュースなどを見たり、お店に出てチェックしてみてください!


ファイナンシャルプランナーの万江さんが、9月23日(月祝)にホテル日航にて、老後2000万円・そして本日学んだキャッシュレスの攻略セミナーを実施します。万江さんに直接ご相談したい方は、こちらでも相談可能です!


ポイント還元窓口 消費者向け
TEL 0120-010975

老後2000万円・キャッシュレス攻略セミナー
日時 9月23日(月祝)
場所 ホテル日航7階
時間 (1)10:00~ (2)13:30~ ★ケーキ・コーヒー付 無料
お問い合わせ 096-325-7810

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!