まうゴツ!よかコツ!

木曜日といえばこのコーナー まうゴツ!よかコツ!

知って得する生活情報をお届け!
担当 : 田中洋平・中原理菜

他人事ではない!若年性認知症を考える

はい。今月は国際アルツハイマー病協会が定めた「世界アルツハイマー月間」で、来週月曜日21日は世界アルツハイマーデーです。そこで今回は「若年性認知症」について紹介します。


認知症というと高齢の方が発症するものというイメージがありますが若い人も発症の恐れがあり、VTRにもありましたように、働き盛りの年代でもあるため、ご本人だけでなく、ご家族の生活の影響が大きくなりやすい特徴があるんです。


熊本県内で若年性認知症の方は現時点での正確な数字はわかっていないのですが、熊本県が2018年に調査したデータでは 推計で722人となっています。ただこれは要介護認定を受けていない人、40歳未満の人は含まれていない推計の数字で実際にはもっといらっしゃるかもしれません。



まずは、若年性認知症の方を受け入れている介護施設を訪ねまして、「若年性認知症」という病気の特徴、そして若年性認知症の方へのケアをについて聞いてきました。


認知症に関するどんな相談にも乗ってくれる 認知症コールセンター。実際に診断を受けていなくても「もしかしたら?」という症状の相談でもいいですし、同じ悩みを持つ方と話をしてみたい、というようなことがあれば、そういった認知症の家族の方の集まりにつないでくれたりもします。もちろん行政の支援窓口の紹介など診断された後の具体的な行動も教えてくれますので、必要な方はどんなことでもまずはお電話でご相談ください。

認知症ほっとコール
TEL 096-355-1755
相談受付日 水曜日以外の毎日 (土日祝日も開設)
相談受付時間 午前9時~午後6時

さてコーナーの冒頭でもふれましたが、今月は国際アルツハイマー病協会が定めた「世界アルツハイマー月間」で、来週月曜日21日は世界アルツハイマーデーです。認知症についてひとりでも多くの方に知っていただこうと、例年は街頭活動や記念講演が行われているのですが、今年は新型コロナの感染拡大防止のため中止となっています。 そこで今年は初めての取り組みとして21日の午後7時から11時まで、「サクラマチクマモト」がオレンジにライトアップされます。屋上にいる4メートルの巨大くまモンもオレンジ色のタスキをかけるそうです。


【オレンジライトアップ】
日時:9月21日(月) 19時~23時
場所:サクラマチクマモト


田中洋平

MC担当

田中洋平 Youhei Tanaka

山都町(旧蘇陽町)出身。テレビ越しに語りかけるようなリポートが県内の奥様方から少し受けている。最近のひそかな楽しみは月1回の「かたらんね劇場」での女装“洋子”。

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!