火曜日といえばこのコーナー 旬ばいただきます

海の幸!山の幸!旬モノを紹介!食材を使った料理&お取り寄せ情報も!!
担当 : 太田弘樹・中原理菜

高森町のヒゴムラサキ

今回は夏に旬を迎える「ヒゴムラサキ」をご紹介!「ヒゴムラサキ」は、熊本の伝統的な野菜、ヒゴの赤ナスを、H13年に県の農業研究センターが品種改良して誕生したナスビです。高森町が一番の産地で、味と形が良く、品質の高いヒゴムラサキが作られています。ヒゴムラサキは、長く太いのが特徴で、果肉が柔らかく、焼いても、煮ても、生でも食べられます。今回は、「JA阿蘇南部なす部会の女性部」の皆さんに、家庭で出来る簡単な料理を教えてもらいました。



ヒゴムラサキの天ぷら(2人分)

作り方
  1. ヒゴムラサキを縦3等分・2cm幅に切る。180℃の油(適量)で1~2分程度揚げる。
材 料
  • ヒゴムラサキ 1本(25~28cm)
  • 天ぷら粉 適量
  • 適量
  • 適量

ヒゴムラサキのナップルパイ(6個分)

作り方
  1. 1cm角に切ったヒゴムラサキと砂糖・蜂蜜を鍋に入れ煮詰める。パイシート(6等分)の上にのせ、のせていない部分に溶き卵を塗り、200℃に予熱してオーブンで15~18分焼く。
材 料
  • ヒゴムラサキ 1本(25~28cm)
  • パイシート 1枚(6等分)
  • 砂糖 75g
  • 蜂蜜 適宜
  • 1個

JA阿蘇高森野菜集荷場
住所 阿蘇郡高森町大字高森1968-4
TEL 0967-62-1799

この記事のPDFを印刷する
太田弘樹

MC担当

太田弘樹 Hiroki Ota

上天草市出身の郷土のタレント。熊本城マラソンや天草国際トライアスロン大会にも出場する、筋肉マン。温泉紹介の時の肉体美には惚れ惚れする。

中原理菜

MC担当

中原理菜 Rina Nakahara

熊本生まれ、熊本育ち、2児の母です。「中原の言葉なら信頼できる」と思っていただけるようなアナウンサーを目標に精進します!

プッシュ通知でTKUの番組やイベントの
最新情報をお届けします!